菊花賞2019年予想と追い切り評価と本命馬はこの馬!

皆さんこんばんわ( ´ ▽ ` )ノ菊花賞2019年はどんなレースになることでしょう!

何故か過去のデータが消えており乗せていなかったので笑

こちらで追加したいと思いますm(_ _”m)

菊花賞2019全頭の詳細のデータはこちらから!

では過去のデータ少しと枠順、予想を見ていきましょう!

過去のデータへ

人気別成績はこちら

 

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収率 複勝回収率
1番人気 7-1-3-9 35.0% 40.0% 55.0% 79.5% 76.5%
2番人気 1-5-0-14 5.0% 30.0% 30.0% 14.0% 47.5%
3番人気 2-1-6-11 10.0% 15.0% 45.0% 55.0% 112.0%
4番人気 1-3-1-15 5.0% 20.0% 25.0% 42.0% 73.5%
5番人気 2-2-0-16 10.0% 20.0% 20.0% 168.0% 68.5%
6~9番人気 6-4-7-63 7.5% 12.5% 21.3% 204.1% 110.3%
10番人気以下 1-4-3-164 0.6% 2.9% 4.7% 21.3% 54.5%

人気通りに走るケースが多いですが注意して貰いたいのが前走秋の3歳G2勝利している馬など中距離では勝てても長距離で走らないことがあるので人気馬で長距離苦手なタイプは注意が必要です!

枠順別成績はこちら
枠順 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収率 複勝回収率
1枠 5-2-3-28 13.2% 18.4% 26.3% 179.5% 112.9%
2枠 4-3-2-31 10.0% 17.5% 22.5% 86.0% 75.0%
3枠 1-3-3-33 2.5% 10.0% 17.5% 58.0% 64.8%
4枠 2-1-1-36 5.0% 7.5% 10.0% 53.0% 82.5%
5枠 1-2-3-34 2.5% 7.5% 15.0% 21.0% 39.3%
6枠 1-4-2-33 2.5% 12.5% 17.5% 36.3% 119.8%
7枠 4-4-4-45 7.0% 14.0% 21.1% 21.8% 66.7%
8枠 2-1-2-52 3.5% 5.3% 8.8% 156.7% 42.5%

 

と全体の成績を確認しても内側と内側が有利なのがわかります、先行力ある内側の馬はかなり有利になるのではないかと思います。

脚足別成績はこちら
脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収率 複勝回収率
逃げ 0-1-2-23 0.0% 3.8% 11.5% 0.0% 88.8%
先行 12-6-8-51 15.6% 23.4% 33.8% 223.1% 142.5%
差し 8-10-9-126 5.2% 11.8% 17.6% 65.2% 73.1%
追込 0-3-1-92 0.0% 3.1% 4.2% 0.0% 13.5%

一番厳しいのは追い込み馬、ペース関係なく、力を付けて直線に行けたとしても、前に追いつけれる可能性が低いため追い込みの馬は軽視しても良いでしょう。

よほど力差が無ければ先行馬が無難になるでしょう。

過去のレースでもクリンチャー(10番人気)などが先行で勝利しており、それほど先行は油断できないと言えるでしょう!

枠順

2019年10月20日 4回京都7日目

11R 菊花賞 GⅠ 3歳オープン(国際) 牡・牝 (指定)馬齢 18頭 芝3000m [発走=15:40]
枠番 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手
1 1 ザダル 牡3 57.0 石橋 脩
1 2 ニシノデイジー 牡3 57.0 C.ルメール
2 3 カリボール 牡3 57.0 藤井 勘一郎
2 4 ユニコーンライオン 牡3 57.0 岩田 康誠
3 5 ワールドプレミア 牡3 57.0 武 豊
3 6 ディバインフォース 牡3 57.0 横山 典弘
4 7 ヒシゲッコウ 牡3 57.0 C.スミヨン
4 8 メロディーレーン 牝3 55.0 坂井 瑠星
5 9 ヴァンケドミンゴ 牡3 57.0 藤岡 佑介
5 10 カウディーリョ 牡3 57.0 M.デムーロ
6 11 シフルマン 牡3 57.0 松山 弘平
6 12 レッドジェニアル 牡3 57.0 酒井 学
7 13 ヴェロックス 牡3 57.0 川田 将雅
7 14 サトノルークス 牡3 57.0 福永 祐一
7 15 ホウオウサーベル 牡3 57.0 蛯名 正義
8 16 ナイママ 牡3 57.0 柴田 大知
8 17 タガノディアマンテ 牡3 57.0 田辺 裕信
8 18 メイショウテンゲン 牡3 57.0 池添 謙一

追い切り評価と予想

追い切り評価はこちら

ニシノデイジー

春では気性難の部分もありクラシックでは中々活躍できなかった馬ですが今回は有力馬不在ということもあり、チャンスかもしれません!距離適性には少々疑問ありつつml、騎手の指示を聞いてる限りだと大きな不安点は解消されたと思います!

ホウオウサーベル

上がり馬として評価したいのはこの馬!

調整こそ軽めで美浦のウッドで時計は5ハロン68秒8ー13秒3と。

G1前の追い切りにしては軽めですが、その分余力も残しており、距離延長にも不安はない、期待はしていいかも?

サトノルークス

Cウッドで6ハロン84秒4-11秒9

古馬オープンクラス相手に3馬身追走して併入したのでこれは期待値はたかいですね。

差しからの競馬になりそうですが力はある馬なので今週は期待出来るかも?

と今回の追い切り評価は非常に悩みました(´-∀-`;)

距離適性はともかくとしての評価ともあるのでどちらを取るか非常に悩みますね・・・

 

主の予想!

今回は長距離の馬が少ないので能力勝負になることでしょう!

追い切りなども注目すると良いかもしれません。

◎14番サトノルークス

○13番ヴェロックス

▲15番ホウオウサーベル

注、2番ニシノデイジー、5番ワールドプレミア

馬券予想

複勝、14番サトノルークス

馬連、馬単、←購入方法はどちらでも良いです、フォーメーション

13、14←1着流し 2着流し→2,5,12、13、15

三連複、フォーメーション

14←1着流し 2,3着流し→1,2,5、13,15

菊花賞結果2019結果はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました