data-ad-client="ca-pub-2713807272497105" async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

初心者に分かりやすい馬の血統での見方の指南書その1

皆さんこんばんわニナさんです(-ω-)/

今回は競争馬の血統について説明と、その特徴などを説明したいと思います(-ω-)/

今回は難しい部分は置いといて簡単な部分だけを採用して教えたいと思います(゚∀゚)!

血統見るだけで適正なのも分かるので競馬も楽しくなるかも?

では今回は初心者さん向けの血統についてを見ていきましょう(-ω-)/

血統とは?血統の種類はどれくらいあるの?

ここから見れます

2019年現在では、○○系などが存在しており。

親血統、子血統の2種類(基本的に親血統です)あり、その種類は少なからず20種類以上あります。

多過ぎて覚えれるか!って思いますが海外のも含むので日本のみだと結構減りますε-(´∀`*)ホッ

ではまずは日本の競馬で上位に良く入賞する血統をご紹介(-ω-)/

ノーザンダンサー系(クロフネ、スペシャルウィーク)

ヘイロー系(ディープインパクト、タイキシャトルなど)

ダンチヒ系(デインヒル、アグネスワールド)

ミスタープロスペクター系(エルコンドルパサー)

有名な馬をあげてみたのですがこの系統が日本で勝ちやすいタイプなのかなって思います(‘ω’)!

最近だとハーツクライ産駒など(ヘイロー系)

ハービンジャー産駒など(ダンチヒ系)などが代表的なのかなって思います(2019)

とまず基本の情報を見て頂いたので血統での特徴などをチェック(‘ω’)ノ!

血統によって得意と不得意がある!?

ここから見れます

これは難しく、実際に勉強しても絶対と言ってもいいくらい確実な可能性はありません。

それくらい血統は奥深く、また親だけではなく母親にも似ることもあり、必ず父親の能力をすべて受け継ぐ事はありません。

難しい話は置いといて、今回は基本となるポイントだけ抑えたいと思います。

ヘイロー系の基本的な得意不得意    得意◎〜苦手▲

個人的な見解ですが宜しければ。

スピード◎

パワー○(加速力や、坂に上る力)

持久力○(直線での長い距離息使える力)

馬場荒れ▲(芝の状態がよくない場合)

馬場状況○(良など不良に対して)

ダート適正○

距離適性マイル〜中長距離

とヘイロー系はこんな感じですね。

スピードある馬馬が多く、トップスピードはある馬が多いですね。

ただ持久力にやや不満点があり、直線で勝ちきれない、また直線が長い新潟などは勝ちづらいのかなーって印象です。

あくまでも親の血統受け継いだ場合ですので確実な内容ではありませんが。

 

ミスタープロスペクター系得意◎〜 苦手▲

スピード○

パワー○(加速力や、坂に上る力)

持久力◎(直線で長い息を使える力)

馬場荒れ○

馬場状態○(良や不良など)

ダート適正○

距離適性マイル〜中距離

とスピードってより、先行力強い馬なので前出る馬だとかなり強みのある馬になるのかなって思います。

逆に後ろだと勝ちづらく、せっかくの強みを活かせず勝てないってケースがあるのでミスタープロスペクター系があまり見られないのはそれも1つの原因だと思います。

 

ダンチヒ系

スピード◎

パワー◎

持久力○

馬場荒れ▲

馬場状態▲

ダート適正▲

距離適性マイル〜中長距離

と今まで紹介した中では極端な能力してるのかなって印象。

少し前まではダート適正あると思ったのですが最近は知る姿見なくなってあまり適正ないのかなーって思って▲にしました(-ω-)/

逆にスピードとパワーの中では上位に匹敵する能力があり、芝の状況さえよければ、かなり強い競馬を展開することが可能ではないでしょうか?

ノーザンダンサー系

スピード○

パワー◎

持久力◎

馬場荒れ○

馬場状態◎

ダート適正○

距離適性マイル〜中距離

と今までのなかで万能タイプなのかなって思います。

スピード凄くあるわけではないのですが、長い直線や、坂に強いタイプなので、ほかのタイプと違うのかなって思います。

と簡単な説明を今回はさせて頂きました(-ω-)/!

本当に血統は奥深く、これだけじゃあ紹介しきれないのですが、多く書きすぎても分からなくなると思うのですので今回は短めにさせて頂きました(‘ω’)!

次回の指南書を少々お待ちください(o_ _)o))

コメント

タイトルとURLをコピーしました