中穴注目!関屋記念データ分析や過去のデータや予想や、出走予定

どうもこんばんは!ニナさんです(>_<)!

今回は関屋記念の予想(G3)

関屋記念ではデータ解析や過去のデータ見る限り中穴が来るケースが多く、今回の関屋記念2019年では穴予想として見てもいいかもしれませんね( ̄▽ ̄)!

斤量があるレースなだけあって関屋記念に期待がかかりますね!

では関屋記念2019年の過去のデータから

過去のデータへ

 

スポンサーリンク



人気別成績

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収率 複勝回収率
1番人気 6-4-5-5 30.0% 50.0% 75.0% 89.0% 112.5%
2番人気 3-2-1-14 15.0% 25.0% 30.0% 73.5% 51.5%
3番人気 2-2-5-11 10.0% 20.0% 45.0% 56.0% 102.0%
4番人気 5-3-0-12 25.0% 40.0% 40.0% 199.0% 101.5%
5番人気 0-3-1-16 0.0% 15.0% 20.0% 0.0% 52.5%
6~9番人気 3-5-4-68 3.8% 10.0% 15.0% 100.1% 74.5%
10番人気以下 1-1-5-121 0.8% 1.6% 5.5% 53.4% 36.4%

人気薄自体での優勝経験こそ少ないですが、連対の確率は高めなので、本命からの軸を穴馬に寄せてみるのもいいかもしれません!

前走中京競馬場や新潟競馬場での5番人気以内に支持されていた馬が勝率が良いので(連対含む)

前走中京や新潟で走っている馬入れば注目したいと思います。

脚質別成績

 

脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収率 複勝回収率
逃げ 3-2-3-12 15.0% 25.0% 40.0% 157.0% 162.0%
先行 7-7-4-53 9.9% 19.7% 25.4% 117.0% 82.5%
差し 6-4-10-109 4.7% 7.8% 15.5% 78.3% 49.5%
追込 4-7-4-73 4.5% 12.5% 17.0% 18.6% 40.1%

直線が長い関屋記念だとどの脚足も安定すると思っております。

ただ逃げ馬が少ないケースも多くペースが早くなることも無いこともあり、前の馬が有利になるようになっているにかなって印象です!

枠順別成績

 

枠順 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収率 複勝回収率
1枠 1-0-2-29 3.1% 3.1% 9.4% 24.4% 21.3%
2枠 2-1-3-28 5.9% 8.8% 17.6% 192.6% 58.5%
3枠 2-1-2-30 5.7% 8.6% 14.3% 27.1% 31.7%
4枠 1-3-1-30 2.9% 11.4% 14.3% 19.4% 39.4%
5枠 1-3-7-27 2.6% 10.5% 28.9% 5.0% 96.6%
6枠 0-6-1-31 0.0% 15.8% 18.4% 0.0% 53.9%
7枠 8-2-3-34 17.0% 21.3% 27.7% 228.9% 108.5%
8枠 5-4-2-38 10.2% 18.4% 22.4% 66.9% 62.0%

小回りではないので外枠が有利になっていますが、人気な馬が外枠に固まっていたのもあるので、内側が必ず不利ってわけでもないので、枠順だけで判断するのは早計かもしれません。

(新潟競馬場/芝/1600m/過去5年)

種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝
回収率
複勝
回収率
1 ハーツクライ 13-7-8-76 12.5% 19.2% 26.9% 146.0% 90.4%
2 ディープインパクト 12-27-18-104 7.5% 24.2% 35.4% 52.5% 81.9%
3 ステイゴールド 9-10-6-69 9.6% 20.2% 26.6% 104.8% 97.9%
4 ダイワメジャー 9-7-6-74 9.4% 16.7% 22.9% 41.9% 49.0%
5 キングカメハメハ 6-9-7-60 7.3% 18.3% 26.8% 61.3% 67.1%
6 ロードカナロア 6-4-2-16 21.4% 35.7% 42.9% 134.6% 84.3%
7 ヴィクトワールピサ 4-4-0-20 14.3% 28.6% 28.6% 78.2% 48.2%
8 ゼンノロブロイ 4-3-3-36 8.7% 15.2% 21.7% 98.5% 45.4%
9 アドマイヤムーン 4-2-1-30 10.8% 16.2% 18.9% 55.9% 34.1%
10 ノヴェリスト 4-2-1-10 23.5% 35.3% 41.2% 180.0% 98.2%

と血統に関しては突出した(ノヴェリストなど)

スピードある馬も大事ですがやはり持久力に自信ある馬なのがよいでしょう。

母父にノーザンダンサー系などが居れば新潟での相性は良いので狙っていくと良いかもしれません。

伏兵陣などはホールドボーラー系なのがいたら要注意枠組みとかになります!

出走予定馬

関屋記念の2019年の出走予定は以下の通りです。

関屋記念 GⅢ ※は関西馬です
馬名 斤量 厩舎
アストラエンブレム 56.0 小島茂之
※エントシャンデン 56.0 矢作芳人
※オールフォーラヴ 54.0 中内田充
※キョウワゼノビア 54.0 角田晃一
※ケイデンスコール 53.0 安田隆行
※サラキア 54.0 池添学
サンマルティン 56.0 国枝栄
ストーミーシー 56.0 斎藤誠
※ソーグリッタリング 57.0 池江泰寿
※ディメンシオン 54.0 藤原英昭
トミケンキルカス 56.0 大和田成
ハーレムライン 54.0 田中清隆
ファストアプローチ 56.0 藤沢和雄
フローレスマジック 54.0 木村哲也
※ブレスジャーニー 56.0 佐々木晶
※ボールライトニング 56.0 宮本博
マイネルアウラート 57.0 高橋裕
ミッキーグローリー 56.0 国枝栄
※ミエノサクシード 54.0 高橋亮
ヤングマンパワー 57.0 手塚貴久
ランガディア 56.0 木村哲也
※リアイアブルエース 56.0 矢作芳人
ロードクエスト 57.0 小島茂之
ロシュフォール 56.0 木村哲也

追い切り評価

関屋記念2019ではオープン初戦の馬が注目していきたいですね。

ハーレムライン

坂路を馬なりで、4ハロン51秒3-12秒6。

今朝の坂路で1番時計をマークしており古馬2勝クラスに1馬身半と先着していて、気合のノリが違います。

4歳なので自分のリズムの競馬が出来れば素晴らしい走りを見せてくれることでしょう。

ソーグリッタリング

Cウッドでの重点の追い切りで。

4ハロン54秒3-12秒9と馬なりにしては動けているのではないでしょうか?

長距離輸送もあり影響は大きくなさそうですが、当日のパドックで多少影響起きるかもしれませんので注意して見ていきたいですね。

重賞も3着と上々ですし、平たんコースに向いてるので期待値はあると思います。

ケイデンスコール

この馬は前走NHKマイルカップで体調良くなかったのですが2着に着たのでかなり能力の期待値は高いと思います。

追い切りの坂路では56秒4ー12秒0と全体時計を見たら少々軽めです。

他にも調子のいい馬多いですが今回はここまで。

次は関屋記念の予想までお待ちください_(_^_)_

枠順

お待たせしました!では関屋記念の枠順から!

関屋記念 GⅢ 3歳上オープン(国際)(特指)別定 18頭 芝1600m [発走=15:45]
枠番 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手
1 1 マイネルアウラート 牡8 57.0 野中 悠太郎
1 2 ヤングマンパワー 牡7 57.0 武藤 雅
2 3 ケイデンスコール 牡3 53.0 石橋 脩
2 4 オールフォーラヴ 牝4 54.0 和田 竜二
3 5 サラキア 牝4 54.0 丸山 元気
3 6 ソーグリッタリング 牡5 57.0 浜中 俊
4 7 ロードクエスト 牡6 57.0 M.デムーロ
4 8 エントシャイデン 牡4 56.0 中谷 雄太
5 9 ディメンシオン 牝5 54.0 戸崎 圭太
5 10 ロシュフォール 牡4 56.0 田辺 裕信
6 11 リライアブルエース 牡6 56.0 吉田 豊
6 12 フローレスマジック 牝5 54.0 三浦 皇成
7 13 ミッキーグローリー 牡6 56.0 C.ルメール
7 14 ミエノサクシード 牝6 54.0 川島 信二
7 15 ファストアプローチ 騸4 56.0 木幡 育也
8 16 サンマルティン 騸7 56.0 津村 明秀
8 17 ハーレムライン 牝4 54.0 木幡 巧也
8 18 トミケンキルカス 牡7 56.0 柴田 大知

となり枠順的には調教でも推してたハーレムラインがいい感じですね( ̄▽ ̄)これは穴の予感!ミッキーグローリーも良かったのでここはいいレースになりそう!

関屋記念2019予想

過去のデータを見ても外側がやや有利、内が不利というわけではないが、斤量差とかの注意が必要でしょう、では予想に

◎ハーレムライン

やはり調教内容もよいですし、上がり馬として筆頭な雰囲気ある馬だと思っております。

初重賞も十分狙える馬だと思います。

ワイドなどにお勧めしたいと思います。

穴馬になるでしょうし、斤量も軽いのでチャンスだと思います。

○サラキア

3枠なのが不安要素な部分ではありますが仕上がりは前走以上なので期待値は高いと思います。

ディープインパクト産駒なのでスピードはあるので直線での勝負では負けないと思うので展開次第でしょう。

▲ケイデンスコール

前走のNHKマイルカップを勝利こそ逃したが2着という着順は素晴らしく。

調子が不調だが来たことが大きかったと思います。

今回は前走より仕上がりも上々などで期待しても良いと思います。

ミッキーグローリー

骨折からの休み明けで初めてのレースになりますが。

追い切りの仕上がりはトップで素晴らしかったですが、休み明けなのもあり、長期間レース出なかったのもあり、今回は警戒程度まで落とさせて頂きました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました