エルムステークス2019過去のデータや予想、発送予定馬

エルムSの予想(G3)は金曜日に予想を更新します!

エルムステークスの追い切りなどは木曜日に!

こんばんはニナさんです! 2019年のエルムステークスはどんなレースになるか楽しみですね( ̄▽ ̄)個人的には穴馬狙いたいですね!

過去10年でもエルムステークスでの1番人気は勝率が2割しかなく、信頼度は低めです【2・1・4・3】で勝率20%、連対率30%、複勝率70%と中穴大穴狙える率は高いと思います。

今年のエルムステークスは中々よい馬が揃っており有力な馬が多く悩んでおります

札幌での1700mのグレードレースG3のエルムSなのですが

開催時期が8月に変わりやや暑さもある影響か妙味のある馬券は減ってるイメージではあります。

硬いイメージあるレースが多いと思います。

エルムステークスの2019年の過去のデータを見ていきましょう!

過去のデータへ

スポンサーリンク



人気別成績

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収率 複勝回収率
1番人気 5-3-5-7 25.0% 40.0% 65.0% 48.0% 79.0%
2番人気 7-1-1-11 35.0% 40.0% 45.0% 141.5% 71.0%
3番人気 3-2-3-12 15.0% 25.0% 40.0% 91.0% 69.5%
4番人気 2-5-0-13 10.0% 35.0% 35.0% 89.0% 75.0%
5番人気 1-3-2-14 5.0% 20.0% 30.0% 45.0% 102.0%
6~9番人気 2-5-7-66 2.5% 8.8% 17.5% 94.4% 82.3%
10番人気以下 0-1-2-75 0.0% 1.3% 3.8% 0.0% 37.6%

先程も書いたように本命が軸になることが多く(過去のデータ20年分だと固いレースが多いため)固いレース結果が多いのかなってイメージです。

あまり大穴には期待しないほうが良いかもしれません。

ただ今年は少し特殊で、中穴にもチャンスが出回る時期だと思っており、穴馬にも注目したいと思います。

しかし直線が短いコースとなっているので、逆に人気の馬が後ろになってしまうと穴馬のチャンスもあると思います。

脚足別成績

脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収率 複勝回収率
逃げ 0-3-7-11 0.0% 14.3% 47.6% 0.0% 157.6%
先行 20-14-6-30 28.6% 48.6% 57.1% 226.3% 141.1%
差し 0-3-5-74 0.0% 3.7% 9.8% 0.0% 45.6%
追込 0-0-2-83 0.0% 0.0% 2.4% 0.0% 6.0%

逃げが少ないのでデータ材料は少なめですが、ダート戦で尚且つ直線短いコースになると厳しくなるのは後ろの馬が必須でしょう。

基本的に前で勝つケースが多いのでペースに関してはあまり気にしないで良いでしょう。

枠順別成績

枠順 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収率 複勝回収率
1枠 1-0-2-16 5.3% 5.3% 15.8% 19.5% 56.8%
2枠 1-4-1-15 4.8% 23.8% 28.6% 58.1% 121.0%
3枠 0-2-3-17 0.0% 9.1% 22.7% 0.0% 60.9%
4枠 7-3-1-26 18.9% 27.0% 29.7% 134.6% 57.0%
5枠 4-5-1-29 10.3% 23.1% 25.6% 31.0% 69.2%
6枠 2-1-5-32 5.0% 7.5% 20.0% 22.3% 65.5%
7枠 3-3-3-31 7.5% 15.0% 22.5% 41.8% 55.3%
8枠 2-2-4-32 5.0% 10.0% 20.0% 137.5% 71.0%

それほど大きな差などないと思うが基本的には内側はやや厳しいと判定してもいいかなと思います。

ダート戦だといかにパワーがある馬が大事なのであまり内過ぎると厳しいとか枠だけで判断するのは早計かもしれないです。

同コース種牡馬成績別

(札幌競馬場/ダート/1700m)

種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝
回収率
複勝
回収率
1 キングカメハメハ 13-10-15-105 9.1% 16.1% 26.6% 42.7% 114.5%
2 ゴールドアリュール 10-10-8-83 9.0% 18.0% 25.2% 31.8% 53.1%
3 ゼンノロブロイ 9-2-4-39 16.7% 20.4% 27.8% 117.8% 68.9%
4 ステイゴールド 8-5-4-33 16.0% 26.0% 34.0% 69.2% 117.6%
5 ハーツクライ 8-1-7-43 13.6% 15.3% 27.1% 66.3% 61.9%
6 クロフネ 7-10-7-76 7.0% 17.0% 24.0% 39.8% 49.9%
7 ディープインパクト 7-5-2-43 12.3% 21.1% 24.6% 203.3% 121.1%
8 アグネスデジタル 7-3-5-23 18.4% 26.3% 39.5% 54.2% 73.4%
9 スズカマンボ 7-3-3-34 14.9% 21.3% 27.7% 176.2% 131.5%
10 エンパイアメーカー 6-7-10-48 8.5% 18.3% 32.4% 99.3% 79.6%

血統成績を見ればスピード型もいるのですが、近年ではどちらかと言えばスタミナ型の馬が勝ちやすいという印象。

馬場が不良などの場合ダート戦だと必然的にスピードあるミスプロ系やノーザンダンサー系などを選ぶのが無難だと思いますが。

パワー型のタイプを選べばまず間違いはないでしょう。

今年のエルムステークス波乱の予感を期待しています( ̄▽ ̄)!

出走予定馬

エルムステークス GⅢ
馬名 斤量 厩舎
※アディラート 56.0 須貝尚介
グリム 57.0 野中賢二
グレンツェント 57.0 加藤征弘
サトノティターン 57.0 堀宣行
※サングラス 56.0 谷潔
※タイムフライヤー 56.0 松田国英
※テーオーエナジー 57.0 宮徹
※ドリームキラリ 56.0 矢作芳人
ハイランドピーク 57.0 土田稔
マルターズアポジー 56.0 堀井雅広
※メイショウスミトモ 57.0 南井克巳
※モズアトラクション 56.0 松下武士
※モルトベーネ 56.0 松永昌博
※リーゼントロック 56.0 矢作芳人
※リアンヴェリセ 56.0 中竹和也
※レッドアトゥ 54.0 松田国英
スーパースティション 56.0

斤量差に大きな違いはありませんが、やはり軽いほうが有利はとれるでしょう。

大きなポイントは、年齢も大事ですが一番優勢なのは4歳馬、上がり馬になりやすく(8月というのもあり)

これからに期待かかる馬も出てくると思うので追い切りはしっかり確認はしたいと思います。

追い切り評価

1部気になった馬をご紹介!

リアンヴェリテ

この馬は札幌、函館と成績もよく、3連勝狙える馬として筆頭にしてもよいでしょう、2走前と、前走ともに馬なりの調整でしたが。

札幌ダート5ハロン66秒0-12秒5を単走強めでマークしており

鋭く伸びてましたし気合はあるでしょう。

ラストの伸びは良かったのでエルムステークス2019年のねらい目はこの馬かもしれないですね。

ハイランドピーク

最近成績こそ伸び悩んでいますが。

今週の追い切りでは上昇気配を感じますし、前走は走る気持ちがなかった分、今回のエルムステークスでは期待しても良いと思います。

昨年の覇者でもありますし、悪くないと思います。

札幌のダートで単走馬なりで5ハロン66秒ー2、12秒3とラストの伸びは良かったので評価はできます。

サトノティターン

御年6歳のサトノティターンですが、マーチSに続く重賞の連勝を狙って居て。

追い切りでは札幌のダートで併せ馬

3歳の2勝クラスの相手に5馬身追走、馬なりのままコース入り、5ハロン67秒8ー12秒1と動きは良いですね。

ダートの条件を天候さえ合えば差し切り勝ちも十分狙えるとおもいます。

エルムステークス枠順

 エルムステークス GⅢ 3歳上オープン(国際)(指定)別定 14頭 ダ1700m [発走=15:25]
枠番 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手
1 1 マルターズアポジー 牡7 56.0 菱田 裕二
2 2 テーオーエナジー 牡4 57.0 岩田 康誠
3 3 ドリームキラリ 牡7 56.0 坂井 瑠星
3 4 モズアトラクション 牡5 56.0 藤岡 康太
4 5 モルトベーネ 牡7 56.0 服部 茂史
4 6 サトノティターン 牡6 57.0 藤岡 佑介
5 7 タイムフライヤー 牡4 56.0 池添謙一
5 8 メイショウスミトモ 牡8 57.0 柴山 雄一
6 9 サングラス 牡8 56.0 古川 吉洋
6 10 リーゼントロック 牡8 56.0 松岡 正海
7 11 レッドアトゥ 牝5 54.0 福永 祐一
7 12 グリム 牡4 57.0 武 豊
8 13 ハイランドピーク 牡5 57.0 横山 和生
8 14 リアンヴェリテ 牡5 56.0 国分 恭介

と枠順は決まりましたね!中枠で気になるのはサトノティターンとタイムフライヤーでしょうか?

エルムステークス予想2019

今回はやや荒れ模様の可能性も高く、斤量差もないので本命の展開が良ければ後ろ来ることは難しいのかなと思います。

◎ハイランドピーク

最近の成績は不調なだけあり、調教内容での評価は高めです。

斤量面でトップハンデなのでやや不安要素あるので本命としてはやや怖い所はありますが、期待しても良いと思います。

○タイムフライヤー

調教内容は素晴らしく、体の仕上がりは素晴らしいと思います。

この馬が本命でも良い位です。

母父がブライアンズタイムな為、ダート適正にも不安要素はないでしょう。

ダートが初参戦ですが、厳しくなることはあまりないと思います。

▲リアンヴェリテ

ゴールドアリュール産駒であり、ダート戦での成績も安定しており。

札幌の成績は未だにありませんが函館の成績は4戦3勝と相性は抜群でしょう。

仕上がりも上々ですし、順当に来ても不思議ではないと思います。

サトノティターン

元々評価は高かったのですが、後ろからの競馬になるので若干不安要素が高いので警戒まで下げさせていただきました。

仕上がりはよいので期待しても良いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました